薄毛治療に痛みは伴うの?治療の方法とは!?

薬を使う治療の時に痛みはあるか

薄毛治療の方法として、薬を使う方法があります。薄毛の原因が男性ホルモンにあるとされていて、男性ホルモンに作用したりして薄毛の解消を狙います。一般の病院でも処方してもらえ、問診をして薬をもらうだけです。薬を飲んで痛みを伴うなどはないので、痛みを感じる治療は一切ありません。専門クリニックだと、血液検査を行って原因を正確に把握します。注射を痛いと感じる人ならその時に痛みがあるかもしれません。薬を飲むのではなく頭皮に薬液を注入する治療があります。こちらは注射針を頭皮に打つので、どうしても頭皮に痛みが出る可能性があります。ただ、一般的な注射のような痛みではなく、鈍痛程度とされています。注射後に赤くなる程度で、ほとんど感じない人もいます。

自毛植毛をするときの痛み

薄毛治療において、毛根が休止状態であれば薬の投与で発毛できる可能性があります。発毛サイクルを異常な状態から正常にすれば、通常通り毛が生えてくる可能性があります。しかし、休止ではなく毛根が死んでいる状態だといくら薬を飲んでも生えてきません。そこで取る方法として自毛植毛があります。後頭部などから毛根を採取し、それを生やしたいところに植毛する方法です。2つの方法があるとされ、一つは毛根を切り取ってそれを植え付けていきます。切りますからそれなりに痛みがあり、傷もできます。麻酔などをして対応してくれるようです。それ以外に切らない植毛方法もあります。切らないと言っても痛みが全くないわけではなく、こちらも麻酔などで対処してもらえます。